金属アレルギー

世間一般、最近はアクセサリー類を身に着けることが多くなりました、しかも一人でたくさん。時代の流れでしょうか?男性までもがギンギラギンのアクセサリー等を身につけています。そのせいか年々金属アレルギーの方は多くなっています。この世の中には色々な金属がありますが特にニッケル、コバルト、クロム、水銀、パラジウムによるアレルギーが圧倒的に多く、そのほか銅、すず、カドミウム、金、インジュウム、イリジュウム、モリブデン、アンチモン、亜鉛、マンガン等でも時々見られるようになってきてます。保険の金属の入れ歯をしてない方では、特に歯の詰め物に使われている銀歯の中に含まれるパラジウムが金属アレルギーの中で最も原因物質であることが多いです。

症状

金属アレルギーは口の中だけに発疹などの症状が現れるとは限りません。手のひら足の裏も含めて全身に現れたりもします。何か心当たりがある方は口の中の銀歯が原因になっている場合もあるということです。そういう方はまず皮膚科でパッチテストをしてもらいましょう。パッチテストとは銀歯の中に含まれる数種類の物質を皮膚に少量あて皮膚の反応性を見ます。すると具体的に何の物質が皮膚に反応するかによって原因の金属の種類をつきとめます。

対処法

その物質が銀歯の成分であれば口の中の銀歯を疑って、口の中から銀歯をなくして白い金属の使われていない歯にしたりします。これを行うことによって実に多くの方の症状が改善します。しかし銀歯がたくさん口の中に入っていたり、ブリッジが入っている場合は全部白くするのが容易ではありません。白くするのには多くの場合保険が効きません。とくにブリッジの場合は最近まで金属がないブリッジというものができなくて困っていました。表面全部は白く見えても中には強度を保つため必ず金属の裏打ちがあります。そこで仮歯のプラスチックでブリッジをしていたのですが弱いためその部分ではあまりかむことができず、特に奥歯の場合すぐ割れてしまい使い物にならなく、性質上表面にプラークがくっつきやすく長期間入れていると歯茎の炎症を起こし、さらにはそのまま放っておくと歯槽膿漏になりやすいという欠点をもっていました。ところが最近になってジルコニアという物質を使って、金属が全く入っていないブリッジを作ることが可能になりました。

 

セラミックとジルコニアブリッジ

上の写真で、一見、左右2つのブリッジは全部白く同じように見えますが材質や作りが全く違います。

セラミックとジルコニアブリッジ

上の二つの写真の違いが判りますか?左のセラミックブリッジは金属が見えますが、右のジルコニアブリッジは金属を全く使っていません。ジルコニアはとても丈夫なので金属で補強する必要がないのです。金属のブリッジははずして、このジルコニアブリッジを使って対処します。詳しくは ちゅら歯科のネットで見たんですけど と言って頂ければ詳しくご説明いたします。

口の中に金属がある入れ歯が入っている方はコバルト、ニッケル、クロムも原因になっていることが多いです。このような方はバネ無し入れ歯の項目を参照になさってください。